家屋に限りませんが何か物件を借りる時には賃貸契約が発生します。契約内容をしっかり確認して双方納得の上で契約してください。

賃貸いろいろ〜倉庫・駐輪場・店舗他、住まい以外の物件について〜
賃貸いろいろ〜倉庫・駐輪場・店舗他、住まい以外の物件について〜

賃貸契約について

みなさんは賃貸というとどんなものを連想するでしょう。
まず代表的なのはアパートやマンションですね。
その他には一軒家でも賃貸の物件はありますし、事務所などのテナントも賃貸の物件であります。
今回はそういった賃貸について考えてみたいと思います。
まず賃貸とはどんなものかと考えてみますと貸主が借主に有償で貸すものの事ですね。
賃貸という言葉を使うと土地や建物の事を想像してしまいますが、レンタカーやレンタルビデオなども賃貸のうちに入るでしょう。
貸主と借主の間には当然賃貸契約が交わされるわけですが、賃貸する期間が必ず存在します。
例えばビデオを一週間レンタル、などといった感じですね。
こうしてレンタル期間が来たら返却し、もし期日までに返さなかったら延滞料金を徴収されることになります。
しかし、ビデオのように手に持てるような小さなものに比べて建物などの場合はどうなるのでしょうか。
部屋や建物の場合も当然賃貸の期間が存在しますが、物件によって1日単位で貸すレンタルルームのようなものと半年、あるいは年単位で契約を結ぶ賃貸契約があります。
そして期間が来るとその物件を借主に返すといった選択肢もありますが、そのまま契約を延長して借り続けるといった事も可能な事が多いです。
しかし、借主に物件を返さず、契約の延長もしなければ当然の事ながら借主から追い出されてしまいます。
この場合借主が法的手段を講じてくることもありますので契約はしっかり守りましょう。
その時に発行される契約書ですが交わした契約と違わないかどうか、内容の確認を必ずしてください。
貸主に悪意がなくても間違って違う契約書にハンコまたはサインをしてしまう事があります。
その場合は口頭で交わした契約は事実上無効になってしまいます。
ですから例え細かい字で印刷されていて読みにくかったとしてもなるべく契約書を読むようにしてください。
これは建物の賃貸契約だけではありません。
その他色々な場面で契約書や規約などを交わすことがあると思いますが必ず目を通すように心がけてください。

Copyright (C)2016賃貸いろいろ〜倉庫・駐輪場・店舗他、住まい以外の物件について〜.All rights reserved.